自動車の車庫証明・名義変更代行は東京全域対応の吉祥寺行政書士事務所へ

住所変更の際に住民票の除票か戸籍の附票が必要と言われました。

car
住所変更の際に住民票の除票か戸籍の附票が必要と言われました。
通常普通車などで住所変更の手続きをする際は住民票を添付します。住民票に記載の前住所と車検証の住所が基本的には同じになる必要がありますが、車検証に記載の住所から複数回転居していて、かつその間車検証の書き換えを行っていないと、住民票の記載からは車検証の住所が確認できません。そこで車検証の住所から、現在の住所までの引越しの履歴を証明する書類を別途添付うする必要があります。

ここで使われるのが、住民票の除票戸籍の附票です。

 

例えばA市→B市→C市と市区町村をまたいで、転居を繰り返し、現在C市に在住、車検証の住所がA市の住所の場合

住民票の除票は前住所の住所を管轄する市役所で発行してもらいます。現在C市在住で以前B市に住んでいたような場合は、C市で住民票、B市で住民票の除票を発行してもらいます。そうするとC市の住民票でB市が前住所として載り、B市の住民票の除票でA市の住所が前住所として載ります。

もっと多くの転居を繰り返している場合はそれぞれ遡って市役所などに請求していくことになります。

 

一方、かなりの回数転居している場合に便利なのが戸籍の附票です。

戸籍の附票はその本籍地に住所を置いていた感の住所移動の履歴が確認できます。

従って、上のA→B→Cと転居している間ずっとA市に本籍を置いているような場合本籍地であるA市で戸籍の附票を取ればA→B→Cへの転居の流れを追うことができます。

本籍地をあちこちにその都度移しているような場合は意味がありませんが、本籍地はそのままでかなりの回数転居しているようなケースではたくさんの住民票の除票を取らなくて済むので大変便利です。

※同一市区町村内の転居であれば現住所の住民票に記載されます。

 

○住民票の除票のデメリット

複数回市区町村をまたいで転居をしている場合はそれぞれの市区町村で取得する必要があり、枚数が増える

最低保存年数が5年なので、取得できない可能性がある。

○戸籍の附票のデメリット

本籍地で取得する必要があるので、本籍地が遠い場合(現住所と別の場所など)取り寄せが面倒

転居に合わせて、本籍地も移動しているような場合はそれぞれの本籍地で必要になり取得が困難

 

どちらの書類がいいかはケースバイケースです。当事務所にご依頼いただく際にはご相談ください。

弊所サービスにて取得代行1通3,000円からも承ります。

東京都内のお車の住所変更、名義変更承ります。

お申込みフォーム

松丘 晃

お気軽にご相談ください

吉祥寺行政書士事務所
〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町2-3-9
パークハウス吉祥寺北町
グローヴIV-203

吉祥寺行政書士事務所
その他取り扱い業務はこちら

お知らせカテゴリー

PAGETOP